夏に発症するニキビの原因と対処法について!

 

初夏から夏にかけて、なんだか最近ニキビが増えてきた…なんて感じる方、多いのではないでしょうか。

夏はニキビが悪化しやすい時期と言われています。

そもそも、ニキビは皮脂をエサとして増殖する、アクネ菌という常在菌が毛穴の中で増え過ぎる事によって起こる肌トラブルです。

実はニキビができる原因、大きく分けて二つあります。

一つ目は、気温が上がることで汗をかいたり、皮脂の分泌量が多くなったりすることです。

暑くなると比例して皮脂分泌も増えるので、アクネ菌が増殖しやすい肌環境となってしまいます。

冬場から春先の分泌量で保っていた健康な肌のバランスが崩され、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

もう一つは、夏の強い紫外線のせいです。

お肌が強い紫外線に晒されることで傷つき、それが刺激となってニキビが出来てしまうのです。

紫外線はニキビを悪化させてしまうだけでなく、色素沈着やクレーターといった跡になってしまうケースも少なくありません。

しかも、多くの場合、初夏に日焼け止めを塗らないことがまたニキビを増やしてしまう原因になっています。

その時期はまだ日差しが弱く、日焼け対策は必要ないなんて思っている方もいるでしょう。

しかし、それが大きな落とし穴なのです。日差しの強さは紫外線量とは関係ありません。

例を挙げて言えば、7月のピークを挟んで、5月と8月の紫外線量はほぼ同等なのです。

ですので、夏の対処法としては紫外線から肌を守り、年中綺麗なお肌を保つためには、日焼け止めを塗るなどのUV対策が欠かせません。

日焼け止めを塗る事によって、肌の内部に紫外線がダメージを与える事を防ぐ効果が期待できます。

ただ、油分を多く含むタイプだとアクネ菌のエサとなり、余計に症状が悪化してしまうかもしれません。

このような時は、オイルフリーやオイルカット処方で作られている日焼け止めでケアしましょう。

オイルフリーやオイルカットとなっている物であれば、余計な油分でアクネ菌を増やしてしまう心配はありません。

ジェルタイプの日焼け止めの多くは、オイルフリー・オイルカット処方で作られていますし、つけ心地もさっぱりとしているので、ニキビ肌の方でも使いやすいでしょう。

現在では日焼け止め効果のある顔用の美容液や乳液なども販売されています。

全身までは手が回らなくても、少なくとも顔だけはUV対策を行うことをおすすめします。